当社は、このウェブサイト上でクッキーおよび同様のテクノロジーを使用します。ウェブサイト使用の分析と機能性の向上を目的としたクッキーの使用を許可するには「承認する」をクリックしてください。使用するクッキーの許可を選択する場合、設定を変更する場合、または詳細情報を見る場合は、「詳細」をクリックしてください。

詳細

拒否

承認

以下では、このウェブサイト上で使用されていますテクノロジーを有効/無効にすることができます。
すべてに同意する
必須クッキー

必須クッキーは、ページナビゲーション、言語設定およびウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなど基本機能の使用を可能にすることによって、ウェブサイトを最適にします。これらのクッキーなしにはウェブサイトの適切な機能の利用が出来ないため、この種類のクッキーをキャンセルすることはできません。

機能クッキー

機能クッキーはお客様の設定、選択およびフィルターを保存し、それ以降のアクセス時にお客様の機器を識別することにより当社のウェブサイトの機能性と魅力を高め、それによってお客様のユーザー体験をより快適にします。

分析クッキー

これらのクッキーによって当社およびサービスプロバイダー(例えば、Google社のGoogle Analyticsサービスなど)は、お客様が当社のウェブサイトと交わした通信に関する情報および統計データを入手して評価できるようになり、こうして得られた結果を用いて当社のウェブサイトを最適化できるようになります。

iTAC.basic.MESDevice

basic.MESDevice は、iTAC.MES.Suite へのユニバーサルでシームレスなマシンとプロセスの統合を可能にする革新的なプラグアンドプレイソリューションです。 iTAC のスマートデバイスは、未来のスマートファクトリーにあなたを連れて行きます。

iTAC.basic.MESDevice

iTAC ソフトウェアは、将来のスマートファクトリー実現のために basic.MESDevice を開発しました。統合されたオペレーティングシステムを備えたこの組み込み PC(マイクロPC)は、SMEMA Mechanical Equipment Interface Standard を介したオンラインプロセス連動だけでなく、マシンレベルでのデバイスの容易な統合をサポートするようになりました。

basic.MESDevice は、マシンレベルで HMI アプリのタッチスクリーンを含む低コストのハードウェアプラットフォームとしても使用できます。

プラグアンドプレイコンポーネントとして、中央アプリケーションサーバー側の構成を介してデバイスを生産設備とプロセスに統合し、インテリジェントな MES 機能を装備できます。 iTAC.MES.Suite の MDA モジュールを介したアクセスおよび管理のために、smart.FactoryApp Studio でプロセスを開発できます。モノのインターネットは、製造環境でも現実のものとなります。

このバンドルされた全体的な概念の結果は、basic.MESDevice を使用して、既存の環境にマシンを迅速、簡単かつ効率的に組み込むことを実現します。複雑な開発および統合プロセスはもはや必要ありません。これにより、生産性と可用性が大幅に向上するだけでなく、生産性と可用性が向上し、将来のスマートファクトリーのビジョンが反映されます。

技術仕様

iTAC の basic.MESDevice は、USB、SMEMA、イーサネット、デジタルI / O、HDMIなどの周辺機器との通信に必要なインターフェースを備えた Raspberry Pi に基づいています。

接続されたデバイスの入力および出力ポートは、ミドルウェア標準の OPC Unified Architecture(OPC UA)を介してネットワーク内で広く利用できます。 SMEMA Mechanical Equipment Interface Standard により、このソリューションではオンラインプロセスインターロックが可能です。 さらに、すべてのデジタル入力および出力は、PLC(プログラマブルロジックコントローラー)互換です。

Linux ベースのbasic.MESDevice には、iTAC ミドルウェアポートフォリオおよび高性能ハードウェアコンポーネントから選択したソフトウェアモジュールが含まれています。
デバイスは集中管理され、必要な更新を smart.FactoryAppStore から受け取るため、広範な IT メンテナンスは必要ありません。

メリット

  • iTAC.MES.Suite へのマシンおよびプロセスの簡素化および標準化された統合
  • 機械メーカーとシステムプロバイダーの救済
  • 工場・システムベンダーの統合および開発コストを大幅に削減
  • ソフトウェアアップデートはUSBポート経由で簡単にインストールできます
  • 標準センサーとリアクターの統合により、配線要件が削減されます
  • 潜在的な障害の最小化