クッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービスを使用しています

このウェブサイトではクッキーやそれに類似するテクノロジーおよびトラッキングサービス(以下、「クッキー」)を使用しています。クッキーはウェブサイトの表示を技術的に可能にするばかりでなく、ウェブサイトをご利用者様の利用履歴をもとに(例えばSalesforce Pardotにより)改善し、ご利用者様の興味関心に合ったコンテンツ(例えばLinkedIn Insights、Google Ads)を提供するため、ご利用者様の同意を必要としております。さらに第三者プロバイダーのコンテンツ(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)も組み入れており、その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。「すべて承認」をクリックすることで、第三国へのデータ送信を含む必ずしも必須ではないクッキーの使用にも同意することになります。「拒否」をクリックすることで、必ずしも必須ではないクッキーの使用を拒否することになります。どのクッキーを個々の場合に使用承認するかを決めるには、「詳細」のところで選択を行います。 その他の情報、特にご利用者様の権利についての情報は、 「詳細」のところでご覧になるか、弊社のプライバシーポリシーをご参照ください .

詳細

拒否

承認

以下で、このウェブサイト上で使用されるそれぞれのテクノロジーを有効/無効にできます。

すべてに同意する

必須クッキーのみ

必須クッキーは、ページナビゲーションや言語設定、クッキープリファレンス、ウェブサイト上の保護領域に対するアクセスなどといった基本機能を使えるようにすることによって、ウェブサイトのそもそもの使用を可能にします。それ以外にもこのカテゴリーのクッキーは、ウェブサイトが法規制および安全基準に適合することを担保します。この意味から、ご利用者様は当サイト上における必須クッキーの使用を阻止することはできません。必須クッキーに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

機能クッキーとパーソナライズ

機能クッキーは、当ウェブサイトのご利用の際のご利用習慣に関する情報を収集し、ご利用者様の過去の閲覧や位置情報、ブラウザ設定に応じて当ウェブサイトの機能性とアトラクションを調整し、これにより、ご利用者様のユーザー体験の向上のたの参考にします。さらに、機能クッキーは当ウェブサイトに統合されている第三者プロバイダーのツール(例えばシングルサインオンのためのMicrosoft Azure)へのアクセスも可能にします。その際にご利用者様のデータが安全ではない第三国である米国に送信される場合があります。機能クッキーを承認しない場合は、当ウェブサイトの利用可能な機能が制限されることになります。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

分析クッキー

分析クッキーは、当ウェブサイトの利用を基に基本的な使用統計やユーザー統計の作成を目的としています。ご利用者様の同意には、分析クッキーの保存の他、その後のデータ処理への同意も含まれます。そのデータ処理にはSalesforce Pardotといった使用中のサービスを介してご利用者様のデータが米国へ送信されることも含まれています。使用されているツールに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

マーケティングとソーシャルメディア

この種のクッキーは、第三者プロバイダーに情報収集を可能にします。収集される情報は、ご利用者様が当ウェブサイトのコンテンツをどのようにソーシャルメディアにシェアするかについてです。また、ご利用者様が異なるソーシャルメディアのプラットフォーム間を移動したり、弊社のソーシャルメディアキャンペーンと弊社独自のウェブサイトの間を移動したりする際に、その利用履歴に関する分析データもこの種のクッキーが提供します(例えばLinkedIn Insights)。その他、第三者プロバイダーのマーケティングクッキーは、他者のウェブサイト上での弊社の広告表示の効果を計測することに役立ちます(例えばGoogle Ads)。この種のクッキーの使用は、ご利用者様に当社のコンテンツの提供方法の最適化を目的としています。利用中の第三者プロバイダーやソーシャルメディアプラットフォームがご利用者様のデータを安全でない第三国である米国に送信する場合があります。ご利用者様の同意には、この種のクッキーの保存の他、上述のデータ送信も含むその後のデータ処理への同意も含まれます。使用されているツールおよび弊社のソーシャルメディアプレゼンスに関する詳細は「その他の情報」をご参照ください。

その他の情報

設定を保存する

iTAC highlights: A day in a factory – solving challenges with MOM

Achieve transparency and efficiency in manufacturing, minimize errors and increase overall equipment effectiveness (OEE) with Manufacturing Operations Management (MOM)

Montabaur, March 21, 2022 – Manufacturing companies face new challenges every day. For instance, they must meet the increasing demands for efficiency, quality and transparency – and at the same time digitize processes and much more. The MES/MOM specialist iTAC Software AG supports the solution of these tasks with the iTAC.MOM.Suite. The individual modules can be used for different use cases in everyday factory operations. iTAC shows examples of difficulties that can arise on a factory day and how these can be solved with Manufacturing Operations Management (MOM).

"Product development cycles are becoming increasingly shorter. In addition, they are undergoing ever greater individualization, tailored to the respective customer requirements. Production must be able to adapt flexibly and quickly to new requirements and run productively. There is little room for errors and malfunctions. Nevertheless, these can occur unexpectedly on a daily basis," explains Peter Bollinger, CEO of iTAC Software AG, a subsidiary of Dürr AG.

A practical example: The production manager suddenly discovers in the morning in the quality management module that an OEE figure for a machine was not in order. The reason: For a certain period of time, the machine did not deliver any output, which had a negative impact on the OEE figure. It is necessary to take a closer look at the data in the line's equipment.

Such challenges can be solved with a MOM solution. One component of the iTAC.MOM.Suite is iTAC.SMT.Edge, which is a machine integration platform based on an edge solution for the standardization and centralization of data in SMT production. The solution provides complete transparency in the plant for each line. "If the worker discovers a defective OEE figure, they can analyze the production performance in more depth using a comparison function by date, product part number and machine," explains Peter Bollinger.

Analyzing data in real time
A central role in the analysis is also the possibility of easily linking IIoT data, which is based on so-called unstructured data in the form of sensor data (e.g. vibration, temperature, etc.), with MES data to create flat data structures and analyzing this data almost in real time. Analysis tools such as iTAC.IIoT.Edge take care of this and enable different use cases according to the specific requirements of electronics production and other manufacturing areas. For example, the data from the sensors installed in the plants, which measure vibrations or humidity, can be easily integrated into the iTAC.IIoT.Edge and linked with MES data. In the process, the data packets can be forwarded to the iTAC.IIoT.Edge or other analysis tools. Due to local data processing, the Edge solution is more cost-effective than cloud computing and also increases performance.

Maintenance Manager facilitates maintenance
Once the machine responsible for the incorrect OEE figure has been identified, the next step is to repair it or, if necessary, carry out minor maintenance work during the shutdown. With iTAC's Maintenance Manager, a repair or maintenance order can be created and assigned to maintenance personnel. The Maintenance Manager is available for both workstations and mobile devices such as tablets. This means that maintenance tasks can be carried out on the spot in production and are easy to define or plan in the office.

Planning with the consideration of maintenance tasks
With the iTAC.APS.Service as an elementary part of the iTAC.MOM.Suite, precise planning via the Advanced Planning and Scheduling System is not only possible taking into account material, personnel and production orders, but also, for example, including repair or maintenance tasks – and all of this in real time. The data from the analytics service can be integrated into the Maintenance Manager so that the best repair and maintenance time can be predicted. "In this way, negative effects on quality and efficiency of production processes can be prevented in the long term, and overall plant effectiveness can be increased," explains Peter Bollinger.